OutSystems Platform は、モデル駆動型開発という技術を活用することで、ソースコードを一切書くことなく、Webアプリケーションの完全な自動生成を実現しています。



モデルは、プロセス、インターフェース、ロジック、データの4種類を基本とし、これらは文字ではなく、視覚的なビジュアルモデリング言語で定義を行います。
従来のソースコード生成や自動生成アプリケーションでは、細かで複雑なロジックの記述が難しかったり、生成されたソースコードを書き換えることにより不整合が起きたりといった問題がありました。
しかし、OutSystems では、表現力の高いモデリング言語を採用することで、ソースコードを一切参照することなく業務アプリケーションの開発を実現します。
また、開発だけでなく、保守及び運用に関する機能を提供していることが他の製品にない特徴となります。
3+



<OutSystems 2:30>


 

 


 

 




 

 


 

 


 

 



<OutSystems 2:30>